ハーレーのカスタムパーツであるフロアボード

作業場ハーレーはアメリカの広大な大地をロングツーリングすることを目的に開発されたオートバイです。そのため、フロアボードというものが取り付けられていることが多いです。

フロアボードは、簡単にいうと「足置き」です。

普通のオートバイの場合は、まるで棒のような足を置くためのステップがついていますが、ハーレーの場合は足の裏全体をカバーできるほどの大きなボードが設けられています。

フロアボードは大きく存在感のあるパーツですので、カスタムしがいがあります。もし、手始めにハーレーをカスタムしたいと考えているならおすすめのアイテムです。純正品はもちろんのこと、サードパーティーからもいろいろなフロアボードが開発・販売されています。

白黒フロアボードの交換は比較的簡単にできます。作業前にはセンタースタンドをかけるか、センタージャッキなどを使用して車体を安定させます。その後、フロアボードを固定しているボルトやナットを取り外します。ほとんどのフロアボードは、2つ程度のボルトやナットで固定されています。この作業の際には、インチに対応した工具を利用しましょう。その後、新しいフロアボードを取り付けて完了です。

おすすめできるフロアボードとして、「Battistini ドライバーフロアボード」です。この製品は、ハーレーカスタム業界でも大御所的な存在の製品です。独特のデザインとクローム仕上げの美しい表面は注目度も高いです。本物を追求するハーレーオーナーにおすすめのパーツです。
このメーカーでは、他のパーツも開発・販売しているので、コーディネートすることで、オリジナリティーがあり魅力的なハーレーを手に入れられるかもしれません。