ハーレーのライディング初心者が揃えておきたい装備

ハーレーのライディング初心者にとって大切な装備の一つが、ヘルメットです。慣れない運転で転倒することも十分に考えられます。そのため、ヘルメットを選ぶ際は、安全性の高いものを選びましょう。

ヘルメットの種類には、フルフェイスやジェットヘルメットなどがあります。ヘルメットによって、遮音性や耐久性が異なるため、性能についてしっかりと確認してから購入することが大切です。また、デザインが豊富なので、自分の好きなカラーや柄で選んだり、ハーレーの色に合わせて選んだりすることができます。

ジャケット選びも重要です。ジャケットは、自分の身を守ってくれるアイテムです。ライディングしているときに、急に雨が降ってくることもあるでしょう。身体が雨に濡れてしまうと、体温が奪われてしまいます。寒くて風邪を引いてしまったり、低体温症となり、手足が動かくなくなってしまうことも少なくありません。そのため、防水性や撥水性に優れたジャケットを選ぶことも大切です。夏場には、気温が高くなるため、通気性のよいものを選んだり、冬場には、寒さ対策として保温性の高いのもを選ぶことも必要です。季節に合わせてジャケットを用意しておくのもよいでしょう。

プロテクターが内蔵されたジャケットもあります。運転中に自分で事故を起こしてしまうこともあれば、他人が起こした事故に巻き込まれてしまうこともあります。身体に強い衝撃を受けると命の危険に陥ってしまう可能性もあります。ジャケットの胸部分や肩や背中などの部分に内蔵されているものがあります。

プロテクターが、グローブやズボンに内蔵されているものも販売されています。
転倒時に手をついてしまったり、道路に叩きつけてしまい、ケガをする恐れがあります。また、膝を打ち付けてしまったり、擦ってしまうこともあります。そのため、万が一に備え、ケガをしやすい部分には、プロテクターが内蔵されているものを着用するようにしましょう。