三輪スタイルのトライクハーレーは乗用車扱いなのでノーヘルでの運転が可能

ハーレーは世界的に知られている大型バイクです。日本にも多くの愛好者がいますが、車体が大きいのでバイクの運転に慣れていない人には扱いが難しいという問題があります。そのため、ハーレーは好きだがバイクの運転には自信が無いと言う人にはトライクが向いています。

トライクはトライサイクルの略称で、三輪タイプのバイクです。後輪または前輪が二つある形状で、一般的なバイクよりも安定性に富んでいるのが特徴です。
横倒しになることがほぼ無いので、バイクの運転に慣れていない人でも容易に扱うことが可能です。また、トライクは道路交通法では普通自動車に含まれる車両なので、運転の際にヘルメットを被る必要がありません。

普通のバイクと同様に体がむき出しの状態で運転をする形になるので、安全を重視するならヘルメットの使用が望ましい事実は否定できません。しかし、法的な義務は無いので爽快感を欲するならノーヘルでの走行が可能です。トライク乗りにとってヘルメットは体を守る防具よりもアクセサリーアイテムとしての意味合いが強いと言えます。トライクは普通のバイクをベースにした改造車の一種なので車種を問わずトライクにすることが可能であり、ハーレーも例外ではありません。トライク形状のハーレーは高い人気があり、愛好者や専門のカスタムショップも多数存在します。ひとつの趣味として確立しているので、初めてトライク形状のハーレーに乗る人でも情報収集に困ることはありません。

ノーヘルでのトライクの運転は爽快感を満喫できるのがメリットですが、その一方でトライクの運転時にはヘルメットを被る義務が無いことはあまり知られていません。誤解から運転を咎められることもあり得るので、周囲には十分に通知しておくことが重要と言えます。
ヘルメットは転倒時だけではなく、跳ね石などの異物から頭部を守る効果があります。そのため、悪路を走行する際はヘルメットを使うのが安全確保の条件であることは間違いありません。