人気が高いハーレーの旧車ショベル

ハーレーには旧車の明確な定義はないため、人によってハーレーの旧車と判断する基準は異なっています。そんな人によって定義が異なっているハーレーの旧車の中でも、多くの人が旧車と判断している人気の車種として挙げられているのがショベルです。ショベルはハーレーの旧車の中でも代表的なモデルとして知られていて、愛車として今でも利用している人は多いとされています。
一般的に旧車というと壊れやすいイメージを持っている人も少なくないのですが、ショベルなどのハーレーの旧車は頑丈なものが多いので現役で走らせやすいところが人気のポイントの一つと考えられているようです。

そんなショベルの魅力は、高年式のハーレーと比較しても引けを取らないカッコよさにあります。ハーレーはどのモデルにも独特のカッコよさがあり、その中でも独自のエンジンの形をしているショベルはほかのモデルにはないカッコよさが際立っていると言われています。さらに時代を感じさせるクラシカルな車体は綺麗に乗り回すことでよりカッコよく走ることができるため、ハーレー独自のカッコよさだけではない渋さを演出したい・自分で乗り回したいと考えている人たちに人気です。

ほかにも現行のハーレーにはないショベルならではの魅力として挙げられているのが、エンジンの三拍子です。現行しているハーレーのモデルにも重工的なマフラー音はあるのですが、ショベルなどの旧車にしか出せない三拍子のマフラー音があります。これは現行しているハーレーでも再現することはできるものの、実際のショベルの三拍子と比較するとやはりショベルのものの方が魅力的だと言われているのです。この独自のエンジンが奏でる音は多くのハーレー愛好家を魅了してきたとされていて、この音がいいからこそショベルなどの旧車を選んでいるという人もいます。

このように現行しているハーレーにはない旧式だからこその魅力が、ショベルの人気を支えているのです。