バイクのパーツ製造を手掛ける日本メーカーのキジマとは

ハーレーのカスタムパーツを購入しようとする際に、本場アメリカ製のパーツも良いけれど、日本国内のメーカーから購入し、安心感も手に入れたいという人もいるのではないでしょうか。特に、ハーレーのエンジン回りの部品等は日本製のものが多いといわれ、それらの相性も考えて国産のカスタムパーツ等を求めるという人も多いようです。

そんな人たちにおすすめなのが、キジマという日本メーカーになります。
キジマは、1958年創立の歴史あるバイク用パーツの製造等を手掛ける会社で、これまで日本のハーレーはもちろん、多くのバイクを愛する人に支持されてきました。特に、キジマが手掛けるハーレーのカスタムパーツは、初心者からベテランまで幅広い人に支持されています。その支持されている最大の理由の一つが、豊富なラインナップを揃えているという事です。

ハーレーの各車種ごとにフォークブーツやフットレバー、ウィンカー等のライト周りのパーツまで、ハーレーの各箇所のカスタムパーツを網羅しています。また、キジマが支持されている要因として、日本メーカーならではの製品に対する信頼感が高いという点もあります。キジマは、ハーレーのパーツの販売のみならず、カスタム車両の販売も行っています。車両自体をカスタムする高い技術を持っているため、それがカスタムパーツ製作の際のノウハウとなり、高品質の製品を作る事が出来るという点につながっています。

さらに、キジマにはブラスプロダクツという独自のシリーズ製品があります。材質に真鍮が用いられている、高い熱伝導性と、使い込むたびに独特の風合いを持つようになるという点が大きな特徴です。このプラスプロダクツシリーズは、ヘッドライト部分やガソリンタンクキャップカバー等、ハーレーのあらゆる所をドレスアップ出来るような、多彩なラインナップがあります。

その他、キジマならではの取り組みとして、自社の公式動画チャンネルで、製品の紹介をしてくれているという事も人気を集める要因となっています。特に、ハーレーのオーナーになりたての人や、新たなカスタムのヒントが欲しい人等がこの動画サービスを活用しているようです。

これを機に、カスタムパーツの事で悩む人はキジマの公式サイト等をチェックしてみると良いでしょう。